日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト
TOP
りんご園アップルプロジェクト 
 HAT-Jでは、クーンブ地域で、リンゴ園を開設しています。この事業は、2007年度までニッセイ緑の財団との共同事業として、2008年度から、HAT−Jが「株式会社アルソアねむの樹トラスト」の支援を受けて運営します。現地にリンゴ園を設置して、苗を植樹し、その管理をおこなっています。同時に、2007年度までに周辺の農家リンゴの苗を約2000本配布しました。
 また、毎年2、3月には、ボランティアによるワークショップを実施しています。

ルクラ焼却炉プロジェクト
 HAT-Jはネパールエベレスト街道の入り口、ルクラに焼却炉を設置しています。これは、トレッカーや登山隊、あるいは地域からでる燃やせるゴミの処理を行うことで、この地域の環境保全をはかろうとするものです。
 なお、ルクラ焼却炉の管理、運営はSPCCに移管を完了しています。


ネパール/りんご園プロジェクト



  リンゴ園と植樹作業参加者
 ネパール・チョプルン村に開設したリンゴ園での植樹を終えての記念写真。
 人々の後ろの斜面が、HAT−Jが借用した土地に開設したリンゴ園。
 この事業は、2007年度までニッセイ緑の財団との共同事業として進められ、2008年度から株式会社アルソアの協力のもと、HAT-Jが運営ている。
     
苗木植樹風景
 リンゴ園開設時に、リンゴ園で植樹活動を行う、「リンゴツアー」(現ワークショップinネパール)参加者。2007年末現在、リンゴ園にのべ300本の苗を植樹した。
 HAT−Jでは毎年2,3月にワークショップを実施し、苗木の補植やりんご園の管理などを行っている。
 
     
  苗木の配布
HAT−Jではリンゴ園への植樹のほか、近隣の農家への苗木配布を行ってきた。写真は、植えられた配布苗。これまでに配布された苗は768本で、リンゴ園とあわせて、875本となっている。これらの苗木の一部は、日本造園組合青森支部、佐藤苗木園、ツリーフリー基金などの協力を得ている。
りんごの苗木の配布は、2007年度までで終了し、今後はりんご園の管理を行っていく。
     
 HAT−Jではアップルプロジェクト2000の活動資金への募金をお願いしています。 募金は1口1000円で何口でも応募できます。なお、3口以上ご協力いただいた方には年2回「りんご通信」をお送りします。詳しい資料が必要な方は、HAT−Jまで

電話(03-3828-6872,平日午後のみ)で連絡下さい。
  募金の送り先  郵便振替口座  
    口座番号 00120−6−173058
    加入者名 日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト りんご植樹口
    ※振替用紙は郵便局にあります
    ※口座番号欄、加入者名欄に上記口座番号及び加入者名を記入して
      下さい。
    ※通信欄に、口数を「アップル募金○○口」明記して下さい。
    ※払込人住所氏名欄にご氏名、郵便番号、ご住所、電話番号を記入
      して下さい。
    



ルクラ焼却炉プロジェクト


 
ルクラ焼却炉施設全景
 エベレスト街道の入り口、ルクラ村に設置されている焼却炉施設。
  焼却炉本体
焼却炉本体の工事が終了した時点の焼却炉の写真。今は、建家の中に入っている
     
 
焼却炉利用促進パンフ
こうしたパンフレットを作成し、テイクインテイクアウトと焼却炉の正しい使い方をPRしている。
  ソーラーパネル
焼却炉の燃焼効率を高めるための電動送風機の電源は、環境に優しい太陽光を利用している。